Z会幼児コース

A
「あと伸び力」という明確なコンセプトとワーク・体験教材の両輪学習が評価されています

Z会 幼児コース

Z会幼児コース

運営会社 株式会社Z会
対象年齢 年少・年中・年長
(3歳~6歳)
提出課題 あり(年中・年長)
教材タイプ テキスト
教材紙面 カラー
受講費目安(/月) 2,060円~2,800円
受講費目安(/年) 22,092円~29,640円

Z会幼児コースの詳細・資料請求・申し込みはこちら
詳細Z会幼児コース

Z会幼児コースの詳細情報

『Z会幼児コース』では教材の質を大切にして制作されています。
「あと伸び力」をメインコンセプトとして、幼児期だからこそ身につけていくべき力を養い、自発的で意欲的な学びを応援。

自信・挑戦・発見・創造・対話の5つの領域を教材を通して経験することで、楽しみながら力を培い伸ばしていきます。

check「あと伸び力」を身につける

『Z会幼児コース』では幼児期に身につけておきたい「あと伸び力」「自ら学ぶ力」をつけていく通信教育。今の学力よりも優先すべきは主体的な学び。自ら疑問をもって体験して新しい発見や挑戦する意欲を伸ばしていく教材。「あと伸び力」とその土台を身につけていくことで主体的な学びを大切に育てていきます。

check「ワーク教材」「体験教材」の2本の柱で構成

教材は「ワーク教材」と「体験教材」の2つの柱で構成されています。発達段階に合わせた「ワーク教材(かんがえるちからワーク)」でことば・数・形・生活・自立・表現などの幅広い分野を学び、親子で実際に体験する「体験教材(ぺあぜっと)」で体験でしか得られない学びができます。この2つの教材を軸にして子供の学びを応援。

人気の高い通信教育で、対象は3歳~6歳。
「自信・挑戦・発見・創造・対話」の5つの領域を意識して製作されている教材なので、バランスよく子供の能力を伸ばしていくことができる教材。

幼児期に何を学びどんな力を身につけていくかが非常に考えられていて、「ワーク教材」「体験教材」の2本の柱を軸に様々な角度の学びができる優良教材です。

バランスよく幅広い内容の体験を「実際にやってみる」通信教育。
学びの土台、ことばの基礎力、生活の自立を促す問題など、成長に合わせて徐々に体験を通して力を養っていきます。

Z会幼児コースの教材内容

コース・受講費

コース 毎月払い 6ヶ月払い 12ヶ月払い
年少
(3歳~4歳)
2,060円 11,922円 22,092円
年中
(4歳~5歳)
2,700円 15,570円 28,620円
年長
(5歳~6歳)
2,800円 16,140円 29,640円



教材内容

・ぺあぜっと
体験教材。主に休日などを利用して親子で様々な体験を行います。

・かんがえるちからワーク
ワーク教材。主に平日に取り組むワーク教材。

・ぺあぜっと i
保護者向けの情報誌。

・ぺあぜっとシート(年中・年長)
絵を描いて提出をする提出課題。

・いっしょにおでかけブック(年少)
持ち運びができる絵本型教材。


Z会幼児コースの詳細・資料請求・申し込みはこちら
詳細Z会幼児コース


Z会幼児コースの口コミ・評価


お名前
タイトル
Rating
コメント

Z会幼児コース 評価: ★★★★★ 5 2 件のレビューの平均)
5 1

Z会は幼児におすすめです

★★★★★
5 5 1
Z会は昔から定評がありますが、少し難しいのかなと思って、まずは幼児向けのお試し教材を娘にやらせてみました。娘一人でできるものもありますが、一緒に体験するものも楽しいです。我が家は絵本の読み聞かせなどを普段からしているので、割とスムーズに知識をつけることができたように思います。シンプルで量も多くないので取り組みやすいですよ。まずはお子さんに合うかどうか、試してみることをお勧めします。

幼児教育におすすめ

★★★★★
5 5 1
子供が誕生し、住んでいるところは0歳児から幼児教室に通わせる地域でかなり焦り何をしたらいいのか悩みました。そこで、参考書やテスト問題を作っている妹に確認したらZ会がオススメと言われたため、Z会の資料請求をして入会することにしました。 結果、非常に満足した家庭学習ができています。



Z会幼児コースの詳細・資料請求・申し込みはこちら
詳細Z会幼児コース


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 進研ゼミ NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 Z会 NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids
サブコンテンツ

投稿記事カテゴリ

子供の家庭学習を応援!

運営者

幼児・小学生・中学生・高校生
各年代の子供の家庭学習を応援!

このページの先頭へ