2020年上半期”幼児通信教育”人気ランキング

2020年度上半期通信教育人気ランキング

幼児期はおうちで親子で一緒に楽しい学びや遊びの空間をつくっていきましょう。

通信教育においても基本的には親も積極的にかかわっていくタイプの教材が多く、褒めたり励ましたりコミュニケーションをとりながら親子の時間を大切にした取り組みができます。

ワクワク・ドキドキ・しながら成長に応じて無理なく力を伸ばす通信教育で、おうち時間を有意義なものにしてみましょう。

2020年の上半期(1月~6月)の期間における幼児向け通信教育の人気の高い教材を紹介したいと思います。

2018年上半期人気通信教育ランキング<幼児版>


2020年上半期人気通信教育ランキング<幼児版>


こどもちゃれんじ

NO.1 こどもちゃれんじ

圧倒的に人気が高い「こどもちゃれんじ」。

幅広い領域をバランスよく取り組んでいくことができる通信教育の代表格。2020年度は「おうち時間」を充実させて成長に繋げていくことを大切にしており、ワクワク・ドキドキする多様な教材・教具で楽しく遊び・学ぶことができます。「しまじろう」と一緒に楽しい時間を過ごしていこう!。

こどもちゃれんじの詳細

Z会幼児コース

NO.2 Z会幼児コース

ワーク×体験課題の2本の学び軸で幼児期の素晴らしい取り組みができます。

受講者の評価がとても高い通信教育。質を重視したシンプルな取り組みだからこそ「あと伸び力」「自ら進んで学ぶ姿勢」をしっかりと培っていくことができます。ずっと伸び続けていくための学びの芽を大切に育てていく通信教育です。

Z会幼児コースの詳細

スマイルゼミ幼児コース

NO.3 スマイルゼミ幼児コース

専用端末を活用するオールタブレット形式の幼児向け通信教育です。

安心・安全に考慮されたシステムになっており、10の分野をデジタルのメリットを活かした取り組みで楽しく伸ばしていくことができる。ICT教育が主流になってきている社会において、幼児期から積極的に取り入れていきたい家庭におすすめです。

スマイルゼミの詳細


幼児期は、「無理なく」「楽しく」取り組んでいくことがとても重要になります。

負担がかかりすぎてしまうと逆効果ですし、面白くないとモチベーションもなかなか上がってきません。

それぞれ教材ごとに考えられたシステムや機能がありますので、総合的に各教材を比較してそれぞれに合わせた取り組みができるようにしていきたいですね。

これから将来を見据えた遊び・学びを自宅で親子一緒に楽しみながら、おうち時間を有意義なものにしていこう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ