2019年度学んでいきたい幼児通信教育

2019年度学んでみたい幼児向けの通信教育を厳選。

幼児教育は先を見据え取り組んでいきたいもの。いま現在の幼児期における学力や能力だけではなく、さらに将来伸びていくための土台をつくる期間だと思います。

まずは無理なく取り組むことができる教材、先を見据えて今だけでなく伸びる力を育成していく方針の教材、学びやすさやコスト面なども総合的に評価して3教材を選んでみました。

親子で楽しく学ぶ環境をつくり、通信教育でバランスよく成長を後押しできるような幼児教育を家庭ではじめてみましょう。

2019年度 おすすめの幼児通信教育 3選

2019年度におすすめしたい幼児通信教育を3教材紹介。

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじ

幼児向け通信教育のなかで圧倒的なシェアを持つ通信教育の代表的な教材。

「しまじろう」と一緒に楽しく学ぶことができ、知育だけではなく生活・情操・身体づくり・社会性・英語など取り扱っている分野や領域も非常に広いバランスの取れた通信教育です。

こどもちゃれんじの詳細

ポピっこ

ポピっこ

親子で一緒に学び、家庭での学ぶ環境や子育ての環境も大切にする教材です。

2019年度版の講座より、年中「あかどり」年長「あおどり」がリニューアルしてさらに充実の幼児教育をすることができるようになりました。学びの根っこを大切に育てていく通信教育です。

ポピっこの詳細

スマイルゼミ幼児コース

スマイルゼミ幼児コース

2018年12月より新しく幼児向けの通信教育として開講した『スマイルゼミ幼児コース』。

図べ手の学習をタブレット端末だけで進めていく幼児向けの通信教育で、多様な学習アプローチで一人でも学び進めていくことができる教材。tabletだからできる楽しい学びを通して小学校の土台をつくっていくことができます。

スマイルゼミ幼児コースの詳細

小学校以降の国語や算数につながる分野で学習をしたり、創造力・思考力・表現力・判断力・集中力・・・・などなど、幼児期だから自然に身につけておきたい力を大切に育てていくことができる教材が多いと思います。

幼児期は教材ごとに取り扱っているテーマや題材が様々ですので、受講前に必ず資料や体験教材などで使用感を確かめたり内容についてチェックを行いましょう。

それぞれの家庭における教育方針に合った取り組みができる教材で、充実した幼児教育をはじめてみましょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ