2018年度『進研ゼミ小学講座』の4大特長

2020年度の新学習指導要領への移行に伴い、2018年度より先行的に新しい教育へと舵を切っていきます。

小学生の学びにも大きな変革があり、2020年度からは英語が教科として5年生・6年生で学習、3年生からの外国語活動もスタートします。「知識・技能」中心の現行の教育方針から「思考力・判断力・表現力」などが求められる学習へと移行し、知識活用力や自ら考える力、主体的・能動的な学習が必須。プログラミング教育も必修化となり、さらに今後の教育動向に注目をしておきましょう。

さて、通信教育ではいち早く新学習指導要領に対応するカリキュラムで学習ができるようになっています。

大人気教材の『進研ゼミ小学講座』でも、2018年度版より新学習指導要領にもしっかり対応しています。

2018年度『進研ゼミ小学講座』の特長

2018年度『進研ゼミ小学講座』

2018年度版の『進研ゼミ小学講座』の大きな特長を4つの角度から紹介していきます。

特長.1 全学年で英語学習

2018年度は新学習指導要領への移行を見据えて、全学年で英語学習を段階的に進めていくことができます。英語の4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を学年に合わせてバランスよくステップアップしていくことができるカリキュラム。「聞く」学習を主体とした学習メソッドで、使える英語と中学英語の土台を楽しく多角的に伸ばしていくことができます。さらに英語力を伸ばしたい人はオプション教材も用意していますので、実力や目的に応じた英語学習をしていこう。

2018年度『進研ゼミ小学講座』の英語

特長.2 授業理解を基本とした学び

『進研ゼミ小学講座』は「授業理解」を基本にした家庭学習をする通信教育。まずは学校の授業がちゃんとわかるようになること、やり残しやつまづきをそのままにしないことが小学校の学びではとても大切な事。基礎力をしっかりと定着させていくために教科書準拠のスモールステップでで勉強をして確かな学力を身につけていきます。

特長.3 学習習慣を身につけていく

2つの教材スタイルがある『進研ゼミ』。
専用タブレット学習の「チャレンジタッチ」、テキスト教材を基本とする「オリジナルスタイル」の2つの教材タイプから選択受講。どちらも自学自習を定着させるための工夫があり、やる気を引き出して自らの学習サイクルで勉強ができるようにサポート。無理をしないで自然な流れで大切な学習習慣を身につけていきます。

特長.4 多角的な学習

「チャレンジタッチ」ではタブレットの機能を教育に反映させた勉強、「オリジナルスタイル」ではテキスト教材と体験型教材や電子教具などを活用した学び。どちらの学習スタイルでも多角的に単元アプローチをすることができるので、発見や驚きなどを体験しながら理解を深めていくことができる。

『進研ゼミ小学講座』「楽しく学ぶ」ことができる通信教育。

思考力や表現力も合わせた育成しながらバランスのよい学力と学習習慣づくりを進めていくことができます。

進研ゼミ小学講座


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ