2016年度通信教育のおすすめ教材はコレ!-幼児版-

2016年度おすすめ通信教育-幼児版-

各年代のおすすめ通信教育教材を紹介したいと思います。

多分に主観的な評価が入っていますが、基本的には各教材への評価や教材内容などを総合的に判断していきたいと思います。

幼児の通信教育

Z会幼児コース

教材内容 人気・評価 受講費 総合評価
星5 星5 星4.5 星5
Z会幼児コース

<幼児向けの一押し教材>

幼児向けの通信教育のなかで総合的に評価が高い教材が『Z会幼児コース』。

テキストを使った「ワーク教材」、親子で一緒に体験する「体験教材」の2本の柱で構成されている教材で、子供の好奇心を刺激してあと伸び力を育成する学び。

他の教材と比較する際も中心的に考えていきたい教材です。



ポピっこ

教材内容 人気・評価 受講費 総合評価
星5 星4.5 星5 星5

『ポピっこ』は親子のコミュニケーションや家庭の学ぶ環境づくりなどを大切に、無理なく緩やかなレベルアップ。「あたま」「こころ」「からだ」の3つの領域をバランスよく育成するカリキュラムです!



ぷちドラゼミ

教材内容 人気・評価 受講費 総合評価
星4.5 星4.5 星4.5 星4.5

幼児期の子供にとって身近なキャラクター「ドラえもん」「まめドラ」といっしょにお勉強。
教材コンセプトがしっかりしており、学びの基礎をしっかりと作っていきます。

幼児期は何を重視するのかを考えよう

通信教育のみならず幼児期の学びは各家庭で何を重視していくかを考えて選択していくようにしよう。

・学習面・勉強面などの知識・知育を重視
・生活習慣や社会的なマナーなども含めたバランスよい学び
・英語学習も含めた幼児教育
・親のサポートも含めて多様な方向性がある学び

各家庭での幼児教育の方向性はどのような方針であっても良いと思います。幼児教育では子供の未来・成長を考えて何を重視していけば良いかを考えることがより良い学びにつながるものです。

ただなんとなく「人がいいと言っているから」「お友達もやっているから」というような理由ではじめるのではなく、本当に子供に必要な学びを親子で一緒に取り組んでいくようにしましょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ