通信教育を選択するときのポイント

高校生

・どの通信教育がいいんだろ?
・何を基準に選択すればいいのかわからない?
・比較するポイントはどこなんだろ?
・ちゃんと通信教育で成績は伸びるのか?

などなど、通信教育を選んだり比較するときに何をどのように考えていけばいいのかわからない方もいると思います。

そこで、通信教育を選ぶ時にまずはしっかりと考慮しておくべきことを考えてみたいと思います。

もちろんそれぞれで目指しているものや通信教育に求めているものが違いますし、学習環境や学力などにも個人差があるので、通信教育を選ぶ時の参考になればと思います。

通信教育選択の5つのポイント!

通信教育


年代、環境、目標などによって通信教育を選択する基準はまちまちだと思いますが、軸として考えておきたいことをいくつかの角度から紹介したいと思います。

通信教育選びの参考にしてください。


◆ 目的を考えていこう

まずは通信教育で勉強をする目的を考えて比較をしてみましょう。例えば「勉強への意識を高めたい」「学習習慣を身につけたい」「テストの点数を伸ばしたい」「志望校合格のための受験対策」など、それぞれ通信教育で学ぶ目的があると思います。目的に合わない教材で勉強をするのではなく、しっかりと目的に合わせた通信教育で学ぶことが安定した学びの環境をつくっていくことにつながります。基礎学力がないのにお高いレベルのコースでは意味がありませんよね。勉強をした成果や成長を感じることも大切な事なので、目的に応じた学びができる教材選択をしていくようにしてください。


◆ 受講後のシミュレーション

各教材ごとに学習分量や学習時間の目安が設定されています。受講した場合のシミュレーションをしておくことで、本当に計画的に勉強をすることができるか、時間的な制限などで無理をしてしまわないか、宿題や学校・部活との両立はちゃんとできるか、などなどを考えておきます。質の高い学びができる教材でも勉強に取り組む時間がなければ意味がありませんので、受講をした場合の学習計画をある程度たててから学び始めることをおすすめします。


◆ 継続して勉強ができるか

通信教育は一定期間継続してこそ成果が表れてくる学習法です。どんな学習法でもそうですが一朝一夕で結果ができるものではありません。だからこそ継続した勉強ができるかを考えておく必要があります。幼児や小学生であれば楽しく勉強をすることができるかや、中学生以上であれば志望校合格のための勉強がしっかりとできるか、部活動や日々の生活のなかで効率よく通信教育を活用していくことができるかなどを考えておく必要があると思います。


◆ 受講コストは必ずチェック

良い教材=高い教材、というわけではありませんが、年代や学年が上がれば基本的に受講コストも高くなる傾向にあるのでコスト面のチェックは必須です。特に年齢が高くなれば学び範囲も広がり専門性も高くなるので受講費・会費は高くなってきます。12か月一括払いなどまとめて支払うことで受講コストを抑えることができますし、支払い方法も含めて確認。


◆ もちろんシステムや内容も必ずチェック

当然のことですが比較をする上で各教材の受講教科や学習システム、教材構成、教育・指導方針、などもしっかりとチェックをしておかなければいけません。教材ごとに特色があり学習レベルの違いや教育方針の違いがあるので大きな比較ポイントとなります。なるべくは資料を請求して手元で気になる教材をじっくりと比較をしていきましょう!


上記以外にもそれぞれが重視するべきことがあると思いますので、やみくもにみんながいいと言っているから受講をするのではなく、しっかりと軸をもった学びができるようにしていきたいですね。

家庭での学びの充実を通信教育ではじめていこう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ