通信教育の受講費一覧

通信教育の受講費一覧

各年代の通信教育の受講費・会費の一覧ページを掲載いたしました。

通信教育は毎月コストがかかる教材。
高い受講費を払っても効果がなければがっかりしてしまうこともあると思いますが、安ければ効果がなくても良いというものでもありません。

幼児・小学生あたりであればそれほど高額な受講費になることはありませんので、子供が「やりたい!」という教材を受講させてあげるのが一番良いと思います。

中学生・高校生になると受講費も多少高くなります。
目標や自分の学力に合わせた教材選びが大切です。

どの年代でも教育費は必要不可欠なものです。
教育費は子供の将来への投資です!

子供の学びたいという意欲を受け止め、学力だけでなく幅広い力を伸ばしていきましょう。

各年代の受講費一覧

幼児向け通信教育受講費一覧

幼児向けの通信教育は比較的低価格に設定されています。月々数百円~高くても2,500円程度。親子で一緒に楽しみながら将来伸びていく土台を築いていきましょう!


小学生向け通信教育受講費一覧

教材数が最も多いのが小学生。
学習レベルや受講コースを選択できたり、添削テスト、タブレット学習など、個々の学習環境やスタイルに合わせて受講していこう。受講費もそれほど高額な教材はありません。


中学生向け通信教育受講費一覧

中学生になると部活や学校活動との両立、定期テスト、高校受験と時間を効率よく使った効果的な学習が求められます。必要なものをしっかりと学習していくことができる学びをしていきましょう。


高校生向け通信教育受講費一覧

『z会高校生コース』『進研ゼミ高校講座』の2種類。
受講費は受講教科数で大きく変わってきますので、自分の必要な教科をしっかりと履修していくようにしましょう。


受講費は一括払いのほうが安くなるのが一般的です。

教育では費用対効果を求めるのではなく、子供の学びを後押ししていくことができるようにしていきましょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ