幼児向け通信教育を選択するときのポイント

小学校就学前に幼児期教育をはじめてこれからの子供の将来を豊かにしていきたいと考えているご家庭も多いと思います。

家庭で取り組んでいくことができる通信教育も非常に人気が高い幼児教育法で、家庭で楽しく学んで成長をしていくことができるでしょう。

では、どの教材がいいのでしょうか?

通信教育を比較していると、「この教材はココがいいけど、ココはいまいち…」というようにメリット・デメリットがあったり、結局度の教材がいいのかわからなくなってしまうこともあります。

そこでいくつかの視点から幼児向けの通信教育を選ぶポイントを考えてみたいと思います。

5つのポイント!

幼児通信教育


それぞれの家庭で選択の基準があると思いますので、+αのポイントとして教材選びの参考にしてみてください。


◆ 楽しく取り組めるか

幼児教育の基本は「楽しい!」「面白い!」という感情です。学ぶことが楽しいと思えたり、知ることが面白いという体験をすることが大切な事。子供も楽しいと思えることには自分から進んでやりたくなりますし、面白いからこそ継続して取り組んでいくことができます。ワクワクしたりドキドキをすることができる学び。遊びのなかからたくさんのことを学び成長をしていく年代だからこそ、通信教育においても楽しく取り組むことができるかを考えて見ましょう。


◆ 将来への土台作りができるか

目の前の成果だけにとらわれずに将来を見据えた取り組みをしていくことが幼児教育です。もちろん「できた!」「わかった!」という体験をたくさんしていくことも大切ですし、ひらがな・すうじ・文字などをたくさん覚えることも成長につながります。そういった体験や経験を積み重ねていくことで将来伸びるための土台をつくっていくことが軸となります。幼児期だからこそ身につけておきたい力、取り組んでおきたい課題などを考えて通信教育を比較してみましょう。


◆ バランスよく学ぶことができるか

「もじ」「すうじ」「ことば」「えいご」などの知育面だけでなく、生活面・情操面・社会性・身体面などなど幅広い分野をバランスよく取り組んでいくことで健やかな成長を促していきたいですね。各分野をバランスよく取り組むタイプの通信教育もあれば、知育や学力育成に強い通信教育もありますので、通信教育にどういったことを求めてどんな力を伸ばしていきたいのかを考えて選択をしていきましょう。子育てのツールとしてもとても活用をしやすいのが通信教育の大きなメリットでもあります。


◆ キャラクターや副教材

幼児向けの通信教育では「キャラクター」が設定されている教材が多くあります。身近な存在として学びや遊びを一緒に進めていくことができます。例えば『こどもちゃれんじ』の「しまじろう」などが有名ですね。キャラクターの存在は教材の雰囲気や学びやすさにも直結をしますので大きな選択の基準のひとつになると思います。同様に副教材や知育玩具などの教具についても総合的に比較をしていきたい。楽しく安全に遊ぶことができる教具、学びが内包されていた李目的に合わせた取り組みができる副教材など。


◆ 家庭の教育方針や願うこと

各家庭ごとの教育方針、子供に将来どんな人生を歩んでほしいかなど、子供のことを考えて教材選択をしていくことが最も重要なことだと思います。通信教育をはじめるということは子供に伸ばしてほしい力があったり、将来のために力を身につけてほしいと願っているからだと思います。それぞれの教育方針に近い通信教育を選択することで、炭素良く継続した取り組みを親子で一緒に進めていくことができると思います。


上記は選択の一例ですが、幼児通信教育を比較するときは考えておきたいポイントだと思います。

そのうえで、それぞれの家庭での取り組みやすさや通信教育のねらい、教育方針などを総合的に考えて受講していく教材を決めていきましょう。

ワクワク・ドキドキの楽しい学びを通信教育ではじめていこう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ