幼児おすすめ通信教育【2017年度版】

幼児期の学びは先を見据えた取り組みをしていきたい。

通信教育でも将来的に伸びるための基礎作り、学びの土台をつくることを主に考えているのが一般的です。

基本的には楽しく学ぶことが前提の幼児教育。
どういったアプローチで幼児教育を進めていくのか、キャラクターや教材のシステム・内容などを総合的に比較していくことで、伸ばしていきたい力を育成していくことができる教材が見つかると思います。

それぞれの通信教育に明確なコンセプトがありますので、気になる教材はサンプル教材や体験教材でしっかりと教材内容の確認をしていきましょう。

2017年度おすすめ通信教育BEST3

幼児向けの通信教育で2017年度おすすめしたい3教材ピックアップしてみます。

楽しく学びながら多様な力を育成していくことができる通信教育だと思います。



こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の中心教材

幼児向けの通信教育代表的な教材『こどもちゃれんじ』。学習面・生活習慣・情操・身体づくりなど多様な領域の力をバランスよく育成していくことができる内容。

「しまじろう」という強力なキャラクターと一緒に成長に合わせて「できる!」を増やし、映像・エデュトイ・ワークのマルチアプローチで楽しい幼児教育を進めていくことができるでしょう。

こどもちゃれんじ


ポピっこ

ポピっこ

家庭での環境をつくろう!

『ポピっこ』は家庭での環境づくり、親子のふれあいやコミュニケーションを大切にする教材。

無理な取り組みではなく、「こころ・からだ・あたま」の領域を緩やかに成長させながら「脳」をバランスよく育成していきます。長年愛され続ける教材で、自然な幼児期の学びを作ってくれるおすすめの教材です。

ポピっこ


Z会幼児コース

Z会幼児コース

体験×ワークの充実した学び

『Z会幼児コース』は体験・経験することをとても大切にしており、他の教材と比べても体験学習に力を入れています。

「あと伸び力」という明確な教材コンセプトがあり、シンプルでブレない学びは教材への評価の高さにつながっています。教材の時期がしっかりしているからこそ充実した幼児教育ができる通信教育です。

Z会幼児コース


幼児期の「楽しい!」「おもしろい!」という体験がその後の学びにつながる大きな要素になります。

通信教育でも教材ごとに様々なアプローチで学ぶことの楽しさや面白さを演出し、自ら生部意欲を引き出したり、その後大きく伸びるための基礎作りをしていくことができます。

教材を比較してより子供や家庭の方針に合っている通信教育で楽しい時間をつくっていきましょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ