『Z会幼児コース』の評価が高い理由-教材コンセプトと5つの経験-

Z会幼児コース

非常に評価の高い幼児向け通信教育『Z会幼児コース』。受講者に評判の良い理由はいくつかありますが、今回は教材の根幹ともなる教材コンセプトについて紹介したいと思います。

各通信教育、教材コンセプトや学習の目標が設定されていますが『Z会』は「あと伸び力」という明確なコンセプトを設定して教材制作がおこなわれています。

目の前の学力や成績に捉われるのではなく、将来にわたって学んでいくことができる力の基礎をつくることで主体的な学びができる子供にしていきます。

「あと伸び力」とは

「あと伸び力」=「自ら学ぶ姿勢」

学力や知識は受動的な学びで詰め込むのではなく、主体的な学びから生まれてくるもの。その基礎をつくっていくことが『Z会幼児コース』が考えている「あと伸び力」です。

将来的に自ら学ぶ姿勢はそのまま学力に直結するといってもいい要素。「なぜ?」「どうして?」を大切にして、幼児期にしかできない体験・経験を積み重ねていくことで主体的に学ぶ基礎をつくっていく教材。

幼児か大学生・社会人までの教育に携わってきた『Z会』だからこそ幼児期における「あと伸び力」の育成を大切に考え、単なる学びではなく質を重視した教材制作で幼児期の成長をバックアップ。

様々な事を吸収して可能性の広がる幼児期だからこそ、学ぶことを楽しみながら興味・好奇心を広げ、自ら調べ学ぶ姿勢の芽をつくっていくことができます。

あと伸び力

Z会が大切にする5つの経験

「あと伸び力」を伸ばしていくために、『Z会幼児コース』では5つの経験を教材にちりばめています。

5つの経験

○自信
「できた!」という体験を繰り返して自信をもち、できるから楽しいという経験で達成感と自信を育んでいきます。

○挑戦
バランスよくた領域のテーマを扱うことで「やってみたい!」「自分でやりたい!」という気持ちを大切に楽しみながら挑戦していくことができます。

○発見
自分の手を動かしたり自分で考えて得ることができる発見を大切にしています。実際に試してみたり体験することで発見できる内容の教材。

○創造
身近な素材を工夫して創造することで発想力・思考力の芽を伸ばしていきます。できあいのものではなく自ら考えて創造する力を積み重ねていくことができます。

○対話
教材をとおして親子の対話をすることで自信・挑戦意欲を伸ばしたり感動や・発見を共有することで子供の心に刻み込まれる体験をしていく。

上記の5つの経験を「あと伸び力」を育成するために重視した教材内容。

自ら考える力や実際にチャレンジしてみることに比重を置いた教材といえます。平面的な学習だけでなく、質を重視してひとつひとつの体験を大切に考えているからこそ受講者の評価が非常に高い通信教育なのです。

『Z会幼児コース』


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ