『Z会幼児コース』の評価が高い理由-ワークと体験の2つの柱-

Z会幼児コース

『Z会幼児コース』は幼児向けの通信教育のなかにおいて根強い人気のある教材。や砂利その教材内容への評価が高く、「ワーク教材」「体験教材」の2つの柱で実践される学習は、たくさんの会員に支持されています。

教材内容への評価は『Z会』独自のコンセプトによるよるものだと思いますが、核となるのはやはりこの2つの教材スタイルであると思います。

幼児期だからこそワークと体験を両立させていくことで、子供の心に刻み込む学びと幅広い力を伸ばしていく体験ができるのが『Z会幼児コース』の強みになります。

2つの教材について

『Z会』の毎月の基本教材構成は、
・ワーク教材「かんがえるちからワーク」
・体験教材「ぺあぜっと」

・情報・補助教材「ぺあぜっとi」
・提出課題or絵本教材

上記のようにとってもシンプル。
だからこそ本来学びたいことや育成したい力をブレずに伸ばしていくことができるのです。

それでは教材の柱となっているワーク教材と体験教材について詳しくみてみましょう。


ワーク教材「かんがえるちからワーク」
ワーク教材「かんがえるちからワーク」

「ことば」「数」「形」「論理」「自然」「環境」「生活」「表現」など、多様な領域の題材を盛り込んでいるワーク教材。

自然な形で成長ができるように段階を踏んだカリキュラム、「考える力」を引き出しながら知識も伸ばして学びの土台をつくっていくことができるでしょう。

年代ごとに重点的に取り組むプログラムがあります。
・年少コース⇒ひらがなの読み
・年中コース⇒ひらがなの書き
・年長コース⇒かず・時計

年間を通して重点的に取り組むことでしっかりと学習することができますね。

多領域をバランスよく教材に配置しているので、学習面の向上と小学校以降に伸びていく力の土台と考える力をしっかり育成することができます。


体験教材「ぺあぜっと」
体験教材「ぺあぜっと」

親子で、または子供一人で取り組む体験型教材。主に休日を利用して楽しく体験することができる内容。

1ヶ月に4回~10回程度の内容で、1回あたり10分~1時間の取り組み時間に設定されています。

この「ぺあぜっと」が『Z会』の核となる教材だと思います。
実際に体験すること、色々な経験をすることでわかることで、新しい発見、豊かな想像力、多角的な思考力などが育成されていきます。

親子で一緒に楽しい体験をすることで子供の心にしっかりと記憶され、その体験・経験が子供の自信になり挑戦する力を引き出していくのです。

「ぺあぜっと」は単なる体験ではなく、各項目が目的を内包しているからこそ充実した楽しい体験で成長を促していくことができる教材内容になっています。


上記のワーク教材「かんがえるちからワーク」体験教材「ぺあぜっと」の2つの柱があるのが『Z会幼児コース』。
鉛筆を持った学びと体や手を使って体験する学び、2つの角度から学ぶスタイルが多くの支持を得ている理由の一つになっています。

どちらにも偏ることなく、子供と一緒に楽しく幼児教育を進めていきたい家庭は『Z会幼児コース』をおすすめします。

『Z会幼児コース』


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ