『Z会中学生コース』の評価が高い理由-授業対策-

Z会中学生コース

『Z会中学生コース』授業対策について。

日々の授業内容を理解して学力を積み上げていくことが中学生の正攻法の学習法。授業理解が学力の向上であり高校入試への着実なステップになります。日々の学習の積み重ねに優れる『Z会』では効果的に学力を伸ばす勉強をすることができます。

学校の授業をちゃんと理解してさらなるレベルアップをしていくことができる『Z会』の授業対策は、苦手・得意に関係なくバランスよく学力を育成していくことができます。

映像授業とテキストのハイブリット学習

映像授業とテキスト

『Z会中学生コース』はiPadを活用した「iPadスタイル」で学習することで、カリスマ講師によるポイントをわかりやすく解説した「映像授業」で確かな学力を身につけていくことができます。

学校の授業では抑えきれない部分にもしっかりフォローすることができ、予習にも復習にも活用することができるコンテンツになっています。

この「映像授業」をみながらテキスト教材「Z Study 要点ブック」に書き込みながら勉強を進めることでより効果的なハイブリッド学習ができるのが『Z会』の授業対策における大きな特徴。

「Z Study 要点ブック」は「映像授業」専用の参考書で、空欄を埋めたり重要ポイントを実際に自分の手で書き込むことで理解度も上がり、デジタルのメリット、テキストのメリットを生かして効果的に勉強をして理解を上げていく学びができます。

段階的なアプローチで理解

『Z会』の授業対策は段階的なアプローチで進めていくので学んだことを着実に理解できる仕組みがあります。

段階的なアプローチ

「要点学習」⇒「応用学習」⇒「総まとめ」⇒「添削指導」の段階的な学習動線。

まずは「映像授業」「確認問題」などで「要点学習」をして基礎的な知識や理解の定着を促していきます。

次のステップは「応用学習」。
思考力が必要な問題や知識を活用して解く問題にチャレンジすることで応用的な学力を育成。

「総まとめ」では点差課題に取り組み理解の定着を確認、個に合わせた質の高い「添削指導」で本質的な理解を促していくことで、本物の学力として実力を養成していく。

学習動線がしっかりと決められており、中学生が授業理解のための勉強法があります。




理解→定着を進めていこう!

「映像授業」「添削指導」「良問」など多角的なアプローチで学習したことを定着させていく力のある通信教育だと思います。

授業で学習する前の予習として活用していくことができるスタイルの学習法で、段階的なアプローチは理解を定着へとつなぐ非常に考えられた構成。その場だけの理解ではなく自分の力として定着させていくための学習の流れは学校の授業と合わせて非常に有意義な勉強ができます。

基礎的な学力だけでなく、応用力、知識活用力や論理的思考力なども伸ばしながら学力を育成していくことができるので、高校受験や定期テストにも強い学習法で毎日の授業対策を進めていくことができるでしょう。

Z会中学生コース


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ