『Z会』の評価の高い5つのポイント

通信教育のなかで『Z会』は評価が高い教材。

毎月添削指導のある通信教育で、小学生向け講座では「タブレットコース」、中学・高校向け講座では「iPadスタイル」でタブレット端末を使った勉強をすることができます。

幼児期から大学受験生・社会人まで幅広く対応講座を開講しており、その年代で伸ばしたい力を良質な教材で身につけ、「本物の学力」の育成をすることを目的としています。

『Z会』の評価が高いポイントとなる部分を年代関係なく教材全体から考えてみたいと思います。

『Z会』の5つの高評価ポイント

受講者の評価の高いポイントを5つの視点から考えてみました。

Z会


・質の高い教材内容
やはり中心となるのは教材・問題・添削などの質の高さとなるでしょう。1問でもしっかり力を伸ばすことができる良問、考えて解く精査された問題で勉強を進めていくことができるから、少ない問題でも確実に実力を伸ばしていくことができる教材内容になっています。難しい問題でもどの知識・単元をどのように解けばいいのかを理解していくことで、問題の出題意図や根本にある要点を理解することができるでしょう。


・本物の学力の育成
『Z会』の目指しているのは「本物の学力」
『Z会』が考える「本物の学力」とは自分で未来を切り開いていく力で、「自分で考え、調べ、書く」ことを基本として課題を解決していく力をしっかりと育成していきます。教材コンセプトが一貫しているので、「本物の力」を中心としてその年代・学年・個々で伸ばしていきたい力をしっかり伸ばしていくことができます


・添削を超えた指導
プロの添削指導者による個別指導は、個々の理解度や学力に合わせた指導だけではなく、それぞれの思考の足跡・解答のクセ、成長などを考慮した子供に寄り添った指導を受けることができます。単なる○×の答え合わせではないから、見直して復習をすることでさらに伸びていくためのエンジンとなるような指導を受けることができます。


・プラスαの取り組み
他の通信教育とは違う学びができる教材です。
例えば幼児コースでは体験学習を軸に経験を大切にする学び、小学生コースでは基本レベルでも教科書+αの応用学習がカリキュラムに組まれています。自分の必要教科だけを選んで学んだり、テキスト・iPadなどの教材スタイルの選択もできるので個々に合わせた勉強ができる自由度が高い通信教育です。


・無駄を削ぎ落したシンプルな教材
『Z会』は教材構成がとてもシンプルなので、本当に大切な事をブレずに学んでいくことができます。遊びの要素が強い教具や本質がブレてしまうような教材はないので、集中してストレートに学びに向かっていくことができる。問題量も多いわけではありませんので、無駄をなくして本当に大切なものを詰め込んだ教材といえます。

まずは『Z会』を中心に考えてみよう!

通信教育のなかから教材を選ぶのであれば、どの年代でも『Z会』を中心に教材選びを進めていいと思います。

少し難度が高いイメージのある方もいると思いますが、難問というよりも考えさせる良問と捉えていください。

学力だけでなく思考力や応用力など幅広い力を伸ばし、それぞれの目的に向かって勉強をすることができる教材内容になっています。

問題を解く過程、勉強の過程などを大切にしているからこそ本質的な理解を促して「本物の学力」を身につけていく通信教育です。

『Z会』


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids
サブコンテンツ

このページの先頭へ