『進研ゼミ中学講座』で志望校別合格可能性判定!

中学3年生は高校進学を大きな目標として、年間を通して段階的に志望校合格のための入試対策を進めていきたい。

各通信教育でも、入試から逆算した戦略的なカリキュラムで入試対策をすることができ、時期に応じた最適なステップで志望校に合わせた学力・得点力を培っていくことができるように考えられたプログラムで学び進めていくことができると思います。

なかでも『進研ゼミ中学講座』では、レベル別・都道府県別・志望校別の入試対策をすることができ、より個に合わせた入試対策を進めていくことができるでしょう。

指導実績や合格実績もある通信教育で、常に教育に携わっている会社(ベネッセコーポレーション)だからこその良質な学びをすることができる中学生におすすめの通信教育のひとつです。

合格可能性判定模試

『進研ゼミ中学講座』合格可能性判定模試

『進研ゼミ中学講座』では、中三受験講座で年3回「合格可能性判定模試」を実施しています。

通常だと費用が掛かる模試を無料で年3回受けることができ、個別の志望校に対する判定、弱点克服を進めていくことができます。

・志望校別合格可能性判定

志望校と現在の学力との差を把握することができます。何をあとどのくらい頑張っていけばいいのかを客観的に知ることができるので、入試対策のモチベーションを維持しながら志望校との学力ギャップを埋めていきましょう。合格ラインや合格の可能性、さらには合格ラインと自分の実力差を確認して入試対策に役立てていきましょう。

・専用の合格プラン

模試の結果を受けて入試対策の優先順位、弱点テーマの攻略など、自分専用の学習プランを提示してくれます。効率よく対策を進めていくうえでも、今の学力と志望校とのギャップを埋めていくことが大切。模試を受けるたびに今必要な学習プランで対策を進めていくことができます。

・専用弱点克服問題

模試の結果から個別の弱点に応じた専用の弱点克服問題をお届け。専用のドリルで苦手を対策することができるので、個別の弱点に応じてピンポイントで得点力を上げていくことができます。特に早めに対策しておきたいことなどは年度のはじめに克服しておくことで基礎力が伸びていきますので、バランスよく各教科の得点を上げるためにも克服問題でしっかりと対策をしていきましょう。

「合格可能性判定模試」は受験モチベーションを上げていくためにもしっかりと受けていくようにしましょう。

4月・8月・11月という時期もとてもいいと思うので、定期的に模試で合格の可能性を確認しながら志望校合格を目指した勉強を進めていきましょう。

進研ゼミ中学講座


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ