『スマイルゼミ小学生コース』で勉強して分かった特徴

スマイルゼミ

電子教科書やタブレット学習などICT教育の流れの中で、文部科学省は2020年度までに教育の情報化を推進。ますます家庭でもタブレット教材やデジタル学習への需要が高まってきています。

その中で最も注目を集めている教材のひとつがタブレット型通信教育『スマイルゼミ小学生コース』

2016年11月より新タブレット「スマイルタブレット3」が登場してさらに学びやすくなりました。

実際に受講して勉強をしてみて『スマイルゼミ小学生コース』の特徴を紹介したいと思います。

『スマイルゼミ』を受講して感じたこと

『スマイルゼミ小学生コース』の1年生を受講してみました。

スマイルゼミ小学生コース

『スマイルゼミ小学生コース』の特徴

○テキスト教材のような書き心地
新しくなった「スマイルタブレット3」は鉛筆で紙に書いているようにタブレット上に書き込むことができます。従来のタブレット教材ではない高性能なタブレットだと思います。ストレスなく書き込めるし、漢字の判定などもちゃんとしてくれるので何度もトライしたくなるタブレットです。

○習慣的な取り組みができる
スイッチを入れるだけでやるべき講座が表示されたり、勉強の進め方や難易度のステップアップなど、勉強をしっかり習慣的に出来る教材だと思います。個人的には他教材に比べて静かで勉強に集中できる点も良かったです。子供がどのような学習動線で勉強をすれば楽しく継続的な勉強ができるかが非常に考えられていると感じました。

○復習への誘導が素晴らしい
一通りの教材システムを理解したうえで受講をしてみたのですが、実際に勉強してみると復習へのアプローチが絶妙。講座の問題を解き終えたらすぐに復習へ誘導してくれるので自発的に間違えた問題に再チャレンジできるシステムです。

○子供に合わせた勉強ができる
優先的に勉強する講座が表示されますが、他の講座から勉強をすることも可能。順を追って勉強してもいいですし、講座が一覧で表示されるので学校で勉強した単元をその日のうちに復習することもできます。

○学習分量がGood!
無理することなく勉強ができる学習分量であると同時に、程よく解きごたえのある問題でちゃんと実力を伸ばせる内容になっていると思います。

○英語が勉強できるのが良い
ステップを踏んで英語学習ができるのがとてもいいです。標準教科になっているので追加料金も掛からずに楽しく学べます。タブレットだからできるネイティブの発音を聞きながらまねをするだけでも、英語に対する興味・関心が広がっていくと思います。

○利用時間の設定や学習進捗などの保護者サービスの充実
全体のタブレット学習の時間やスターをためて遊べる「スターアプリ」の利用時間などを細かく設定することができます。学習状況のメールやタイムラインでのやり取り、学習データを専用サイトで細かく確認することもできるので、子供の学力や取り組み状況をしっかり把握できるのがすごくいいと思いました。


実際に『スマイルゼミ』で勉強をしてみると受講前の印象とは違いしっかり勉強ができ自発的かつ継続的な学習ができる教材だと感じました。

タブレット教材のメリットを最大限に生かした良質な学習ができる通信教育。

タブレット教材で勉強がしたいのであれば一番先に検討していただきたい通信教育です。

スマイルゼミ小学生コース


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ