『スマイルゼミ』と他教材の違い

当サイトでは『スマイルゼミ』『Z会』をイチオシ教材として紹介しています。

なかでも『スマイルゼミ』は専用タブレットの強みを生かした勉強ができる教材で、タブレット教材のデメリットであった「書く」学習・記述式問題へもしっかりと対応している点などがあります。

ICT教育が主流になりつつあり、学校でも電子教科書や1人1台のタブレット提供などが検討されている現状で、いち早く家庭でタブレットのメリットを生かした勉強ができるのは子どもにとっても大きな意味をもつと思います。

他の教材の違いを中心に『スマイルゼミ』の特徴や良い点を考えてみましょう。

スマイルゼミと他教材との違いについて

○記述・書く学習を重視
『スマイルゼミ』は高性能専用タブレットで学習をする教材。専用タブレットだからできる記述する問題や書く学習に力を入れています。スムーズにタブレット上に記述できる技術で鉛筆のようにストレスなく書き込むことができます。文字・数字・漢字・スペルなどの正誤判定も自動でなので学習効率も良い。長文や説明問題は答えをみながら自分で判定することができるので安心です。

「スマイルゼミ」記述・書く学習を重視


○余白に書き込むことができる
例えば計算式はしっかりと順を追って書かなければ理解することができません。『スマイルゼミ』は余白部分にどこでも自由に書き込むことができるので、計算式や試し書きはもちろんイタズラ書き(!)だって出来ちゃいます。ワンタッチで消すこともできるのでとても学習効率の良い学びができる機能です。

「スマイルゼミ」書き込み


○体感学習
実際に自分の手で動かして学ぶ「体感ワーク」でちゃんと理解ができる学習。イメージが難しい単元でも抽象的な単元でも、しっかりと体感しながら学び視覚的・直感的に理解ができる学習ができます。難しければ何度も繰り返し学習をすることで理解を定着させていく多角的な勉強ができる。「動かす」「見る」「聞く」「話す」といった学習ができます。

「スマイルゼミ」体感学習


○学習データの蓄積と解析
自分の学習データを蓄積して自動で解析してくれるので各教科モレをなくしてバランスよく学力を育成。理解度に合わせて優先的に勉強したい講座が表示されるので、『スマイルゼミ』で学習を進めるだけで各教科バランスよく実力を育成していけます。他の教材との大きな違いは教科ごとではなく単元ごとの解析をしてくれるところ。得意教科であっても苦手単元を見つけることができたり、やり残しや分かったつもりをなくして実力を育成していけます。


○学習管理や保護者向けサイト
子供の学習状況をメ-ルでお知らせしたり、詳しく保護者向けサイトで確認したりすることができます。他のタブレットを活用する通信教育でも同様のサービスはありますが、『スマイルゼミ』はどの教材よりも細かくデータ化されており子供の学力や取り組みなどが手に取るように分かります。「みまもるトーク」でもやり取りや学習管理で子供の勉強をしっかりとサポートすることができる。


タブレットで勉強することのメリットを最大限に生かしながら、タブレットだけで勉強することのデメリットを最小限にした通信教育だと思います。

システムやタブレットは随時改良・改善されているので、これからも注目していきたい通信教育のひとつであることは間違いありません。

スマイルゼミ


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ