2017年中学生向け注目教材[3教材]

授業の予習・復習、定期テスト、苦手対策、応用学習、入試対策、様々な学習の目的があると思いますが、中学生は各教科のバランスを意識して苦手をつくらずに総合的な学力向上を進めていきたい。

ここ数年でタブレット学習へとシフトチェンジをする教材、敢えてテキスト学習に力を入れている教材、「映像授業」などICT教育を取り入れた教材など、教材ごとにスタイルや学習法は様々です。

中学校生活・部活動と両立した家庭学習、授業対策・テスト対策、高校受験対策など、自分の目的に合わせて学びやすい学習教材を選択していきましょう。

2017年注目・おすすめの中学生向け教材

自分で考えて勉強をする力、自学自習をしっかりと確立して、学んだことを確実に定着させつつ苦手分野をつくらないバランスのよい勉強をしていきたい中学生。

無理のない取り組みと効率の良い学習ができるような教材を選択してみましょう。



スタディサプリ

スタディサプリ

効率学習のオンライン学習システム

「授業動画」による理解を深める授業と、学力として定着を促す「ドリル」のシンプルな学習法で効率よく重点学習をすることができるオンライン学習教材。

小学4年生~中学3年生の全講座・単元をすべて学習することができ、個々のニガテに合わせた取り組みや一流講師による分かりやすい講義など、中学生が学力を効率よく育成するために大いに活用できる教材。

スタディサプリ小学講座+中学講座


スマイルゼミ中学生コース

スマイルゼミ中学生コース

理解度に合わせた学ぶ通信教育

理解度を解析して優先的に学ぶべき講座で学習。タブレットの直感的・体感的な学びと、繰り返し学習や「書く」ことを重視した記述問題で多面的な学びができる通信教育です。

オーダーメイド型のテスト対策、安心の教科書準拠、目標・学力に合わせたクラス分け、多くの中学生が学びやすい教材で、毎日の勉強が楽しくなる注目の教材です。

スマイルゼミ中学生コース


Z会

Z会中学生コース

学びの質を求める中学生におすすめ

教材の内容の高さは受講者の満足度にも表れています。教材の質では他の教材を1歩リードする通信教育です。

iPad×テキストの「iPadスタイル」、テキスト教材で学ぶ「テキストスタイル」、中高一貫校生向けのコースもあるので、自分の環境に適した学習をすることができます。

Z会中学生コース


2017年はよりICT教育への需要が高まることが予想されます。特に中学生の年代においては2020年の学習指導要領の改定に向けて前倒しで学習のあり方を考えていくようになるのではないでしょうか。

家庭での学習に目を向けてみると、「効率」「個別」の2つがキーワードとなると思います。

忙しい中学校生活を送りながら計画的に「効率」よく学ぶ習慣をつくり、自分の目標や理解度に合わせた「個別」の学習法で実力を伸ばす。

中学生向けの通信教育・学習教材・英語教材などを活用し、学習の環境を整えて確かな実力の定着を進めていこう!


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ