教育費はいくらかかるのか?

教育にはお金がかかります。
義務教育の公立小・中学校でも、学習補助費や教材費、修学旅行・見学・遠足の代金、文房具や学用品、PTA会費、家庭学習教材費、学習塾・家庭教師の月謝など意外と年間に換算すれば金額が掛かっているものです。

もちろん私立であれば入学金や授業料・寄付金といった費用も発生すると思いますし、大学になれば授業料も高額になってきます。

「教育費を工面するのが大変」「一体いくらぐらい教育費は掛かるの?」様々な家庭の声があると思いますが、教育は子どもへの未来への投資という側面もありますので、しっかりと教育費については考えていきたいとろです。

幼児期~大学までの教育費

それでは幼児期から大学まで進んだとしてどのくらいの教育費が発生するのかを考えてみましょう。

様々な統計や進路設計があると思いますので、今回は文部科学省が発表しているデータなどを参考にしてみたいと思います。


<学年別学習費総額>
※学校教育費・学校給食費・学校外活動費など教育に関わる総額

公立 私立
幼稚園 年少 180,287円 491,468円
年中 200,453円 478,151円
年長 254,141円 523,204円
3年間合計 634,881円 1,492,823円
公立 私立
小学校 1年生 356,808円 1,863,085円
2年生 243,844円 1,311,904円
3年生 277,179円 1,348,494円
4年生 304,024円 1,468,111円
5年生 327,089円 1,558,676円
6年生 415,439円 1,665,075円
6年間合計 1,924,383円 9,215,345円
公立 私立
中学校 1年生 461,999円 1,620,356円
2年生 406,587円 1,152,483円
3年生 576,238円 1,244,464円
3年間合計 1,444,824円 4,017,303円
公立 私立
高校
(全日制)
1年生 488,134円 1,178,991円
2年生 392,965円 939,161円
3年生 345,724円 855,640円
3年間合計 1,226,823円 2,973,792円

<文部科学省:平成26年度子供の学習費調査より>


上記の文部科学省による調査結果をみると、高いと感じる方がほとんどだと思います。年間平均額の推計ですので、みんなが上記の金額が掛かるわけではありませんが、やはり教育費をしっかりと考えた将来設計は必要だと感じると思います。

特に幼児期・小学生のお子さんをお持ちの家庭では、これから将来的に掛かる教育費をしっかりと貯蓄するために学資保険などを検討していくのも良いと思います。

学資保険についてはこちら

FP(ファイナンシャルプランナー)などの専門家に相談しながら学資保険を検討していくことで、計画的な教育費の設計ができるようになりますので、まずは気軽に相談をしてみることをおすすめします。

教育費は子供の将来のために必要不可欠なもの。より良い学習環境をつくり自分の力で未来を切り開いていく力を伸ばすためにも、しっかりよ教育費・学習費の事を考えていきましょう!


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ