幼児期は楽しく英語で遊ぼう!

小学校でも英語教育はスタートし、中学・高校・大学だけでなく社会に出ても英語の求められている時代です。

いわゆる教科英語ではなく、実際に使うことができる英語力が必要で、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4技能を総合的に育てていく英語学習がこれからの学校教育でも導入されていきます。

時代が英語を求めていることもあり、幼児期や低年齢からの英語学習への関心が非常に高まってきていると思います。

「小さいうちから英語を学べば自然に英語が身につく」「英語耳を育てていくには幼児期が適齢」というような話を聞いたことがあると思いますが、何よりも幼児期は学ぶという感覚よりも楽しく英語に触れて遊びの中で英語を体感していくことが大切だと思います。

英語教材に取り組むとき大切にしたいこと

幼児英語

幼児期の英語教材は高額なものも多くそれぞれの教育メソッドのもと制作・運営されています。専門家が監修をしたり、今までのノウハウから最適な英語学習ができるようにとても考えられていますが、金額面・コスト面で受講をためらうこともあると思います。

そして高い教材が全ての子供にいいというわけではありません。
高い教材だから成果が出るわけではなく、無料で学べる英語アプリでも成果が出ることもありますし、そもそも英語力の成長は一朝一夕で目に見えるものではありません。

もちろん高額な英語教材ととても考えられた内容になっているので取り組みやすくメリットもたくさんあるのも事実。結局はどのような教材であっても取り組み方が大切で、活用法や取り組み方次第では子供にとって効果のある英語学習ができると思います。

・何よりも楽しく英語に触れる環境をつくろう

何よりも楽しく英語に触れたり、ワクワクして遊ぶことができる環境をつくっていくようにしましょう。

幼児期は「おもしろくない」と思ったことに対しては意欲がなくなってしまいますし、苦痛にさえ感じてしまうものです。楽しく取り組むことは幼児期の学びにおいて最大の優先事項です。

・自然に英語に触れる環境

遊びの中で英語を学んだり、音楽や映像などを利用して英語に触れたり、自然に英語に触れる機会を増やしてみましょう。

親が押し付けで英語を教えようとするよりも自分から英語を習得できるような環境をつくり、日本語を覚える与野と同じような英語を習得できることが望ましいと思います。

・成果に一喜一憂しない

「新しい英単語を覚えた!」「キレイな発音で発生ができた!」というように成長を喜ぶことは良いことだと思いますが、「こんなに英語に触れているのに成果が出ない」「他の子よりも覚えが悪い」というようにマイナス面で考えてしまうと子供にプレッシャーをかけてしまいます。

成果はすぐに出るものではありませんし、成長して小学生・中学生になった時に役立つことだってあります。

幼児期はこれからの英語の土台をつくる期間と位置付けて、まずは楽しく英語を体感していくことを優先してみましょう。

上記のような取り組み方でなくても、その家庭やその子供に合わせた英語への関わり方があると思いますので、それぞれの家庭環境などに応じて楽しく英語に触れていくことでこれからの成長の土台をつくっていこう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ