家庭教師のメリット・デメリット

家庭学習の選択肢として「家庭教師」があります。

先生が自宅に来てくれることで、自分の勉強スペースで学ぶことができる学習スタイルは、個に合わせた学びやマンツーマンの指導などのメリットがありますが、費用面などでの負担や相性の問題などもありますね。

そんな家庭教師のメリット・デメリットを考えてみたいと思います。

それぞれの家庭の環境や子供の目標などにより様々ではありますが、家庭教師を考えている家庭はメリット・デメリットの両面を考えて家庭教師を選んでいくようにしましょう。

家庭教師のメリット

ますは家庭教師のメリットや利点について考えてみましょう。

○マンツーマンの指導
家庭教師と子供のマンツーマン指導を受けることができます。これは家庭教師の最大のメリットといっても過言ではありません。子供の学びのスピードや目標に合わせて個別の学びができます。細やかな指導や人によって違う苦手やつまづきにも対応しやすく、家庭教師と子どもが一緒に目的に向かって進んでいくことができるでしょう。子供の長所や短所も把握しやすいので、その子供に合わせた指導を受けることができます。

○個別の指導を受けられる
マンツーマンだからこそ、個々に合わせた指導を受けることができます。苦手やつまづき以外にも、特定教科を集中的に勉強したり、テストの点数が悪い教科をピックアップして学ぶこともできます。学力や得意・不得意が違うのはもちろんですが、学びのスピードや環境もそれぞれ異なりますので、それに合わせたより個々に合わせた指導ができます。

○意思の疎通がしやすい
先生が近いぶん質問もしやすいですしどこが分からないかも聞きやすい環境をつくることができます。大人数での授業ではなかなか聞きづらいことでも質問がしやすいので理解をしっかり深めていくことが可能です。

○通塾の必要がない
先生が家に来てくれるので学習塾の用に通塾する必要がありません。通塾への心配もありませんし近くに学ぶところがない子供でもしっかりと勉強をすることができます。

○学習習慣をつくれる
決まった時間に家庭教師に教えてもらうことで、計画的な取り組みや家庭で集中した勉強の環境をつくることができます。計画的・習慣的な取り組みは家庭学習の習慣をつくっていくうえで必ず役立つでしょう。

○勉強以外の知識も得られる
例えば空いた時間に高校や大学の生活について聞くこともできますし、先生と夢や希望を語り合うこともできます。学校・友達との悩みを相談したり、年が近ければ本当に色々な事を話すことができます。それがまた勉強への意欲につながることが多い。

家庭教師のデメリット

次に家庭教師のデメリットや考えておきたいポイント。

○金銭面の負担
一般的に家庭教師は金銭面の負担が大きい学習法です。人気の講師やベテランで実績のある人ほど高くなることもありますので、受講する前に料金体験をしっかりと確認しておく必要があります。

○先生との相性
人と人の関わりなのでどうしても相性の合う・合わないがあります。コミュニケーション力が低かったり、指導の質が高くなかったり、信頼関係があってこそ初めて充実した勉強をすることができます。

○学習の環境が変わらない
自宅での勉強ですので、日々の宿題や勉強と環境が変わりません。気持ちを入れ替えたり勉強モードになかなか入っていくことができないことも考えられます。

○友達や他の生徒がいない
他の生徒や友達との切磋琢磨。張り合いがなくなったり自分に甘くなってしまうこともあるでしょう。ただ逆に一人のほうが集中して目標に向かって勉強ができることもありますので、子供の性格や目標などを考えていく必要があると思います。

その他

家庭教師は自宅で1対1の指導を受けることができる学習スタイル。上記のようなメリット・デメリットがあることを考慮しておきましょう。

家庭教師を選ぶポイントとして「実績」「子供との相性」「指導力」「コミュニケーション力」「受講費」などが挙げられると思います。

また、家庭教師をお願いする場合は保護者の協力も必要不可欠な要素。家庭教師としっかり意思疎通をおこない子供の学習管理や学びやすい環境をつくっていくようにしよう。

どんな学びでも主役は子供。
家庭教師の先生と子供が良好な関係を築いて勉強ができる環境をつくっていきましょう。

家庭教師


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ