子供の教育費についての調査結果

幼児期から高校生までにおける年間の教育費についての調査結果を紹介したいと思います。

教育にかけるお金は各家庭の教育方針や家計状況などによって様々だと思いますので、平均値よりも多いから良い、少ないからもっとお金を掛けようと思うのではなく、適切な教育に適切な教育費を使っていくことが望ましいと思います。

あくまで目安値として参考程度に見ていくようにしてください。

幼児期~大学までの教育費

それでは文部科学省が発表している教育費についてのデータを見てみましょう。

保護者が支出した年間の教育費についての調査結果です。公立と私立にわかれています。


<学年別学習費総額>
※学校教育費・学校給食費・学校外活動費など教育に関わる総額

公立 私立
幼稚園 年少 210,073円 479,775円
年中 212,400円 438,832円
年長 259,644円 526,778円
3年間合計 682,117円 1,445,385円
公立 私立
小学校 1年生 342,640円 1,842,650円
2年生 270,917円 1,275,934円
3年生 289,272円 1,365,914円
4年生 345,078円 1,464,090円
5年生 327,089円 1,557,348円
6年生 375,358円 1,658,692円
6年間合計 1,934,173円 9,164,628円
公立 私立
中学校 1年生 469,153円 1,572,110円
2年生 392,774円 1,156,873円
3年生 571,163円 1,250,538円
3年間合計 1,433,090円 3,979,521円
公立 私立
高校
(全日制)
1年生 516,662円 1,275,991円
2年生 471,549円 976,188円
3年生 363,125円 857,626円
3年間合計 1,351,336円 3,109,805円

<文部科学省:平成28年度子供の学習費調査より>


前回(平成26年度)の調査と比較すると、
幼児期(公立):微増
幼児期(私立):微減
小学校(公立):ほぼ変わらず
小学校(私立):微減
中学校(公立):ほぼ変わらず
中学校(私立):微減
高校(公立):
高校(私立):

上記は給食費や学校教育で使うお金も入っています。学級費や学校貯金、修学旅行の積立金、私立では授業料なども含まれています。

教育費は子供の将来への投資という側面が大きいと思いますので、必要な教育には積極的にお金を掛けていきたいですし、計画的に家計のなかから教育に支出をするお金を学資保険などで積み立てておくことをおすすめします。

学資保険についてはこちら

家計を考えて無理のない教育費の捻出をしておいくべきで、無理な支出をなるべくしないように心がけてください。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ