定期的な教材のチェックをしよう

当サイトでは各年代における通信教育、家庭学習教材、英語教材などを年代別で紹介していますが、どの年代であっても子供に教材を与えていればそれでいいというものではありません。

幼児の場合と高校生の場合では親の役目や勉強への関わり方が変わるのは当然の事ですが、子供の学びに対してしっかりと関心をもって適切な教材で素晴らしい家庭学習ができるように支援をしていってください。

子供の家庭学習を支援するにあたって多くの家庭で各種教材を利用していると思いますが、いま勉強している教材で有効な学びができているでしょうか。

定期的に教材をチェックしていくことで、最適な学びができるようにしていくことも家庭での学習環境をつくるうえでとても大切な事なので、3ヶ月、半年、1年などのスパンで定期的な教材チェックをしていくようにしましょう。

学んでいる教材のチェックポイント

いま勉強している教材についてのチェックしておきたいポイント。

教材でしっかり勉強をしているか?

基本的な事ですけれども教材でしっかりと学んでいるかを確認しましょう。テキスト型の通信教育であれば毎月のテキスト教材を終えているか、添削問題を提出できているかなどをチェック。副教材も含めて勉強ができているかの確認。

今の学力や目標に沿っているか?

受講をしていくうちに学力は伸びてきます。今の学力や自分の目標・目的に沿っている内容やレベルの勉強ができているかを確認していくようにしましょう。

やる気や意欲が継続できているか?

教材で勉強をはじめた当初はやる気を持って取り組んでいくことができますが、日時が経つにつれて意欲的に取り組めなくなる傾向があります。教材側でも継続した学習のための工夫や取り組みがされていますが、やる気を出して勉強を進めているかを確認。自発的な勉強や自学自習をしてこそ教材は効果的に活用していくことができます。

学習のスタイルがあっているか?

教材によって勉強の進め方や学習動線に違いがあります。受講し泣ければわからない部分でもあるので、今勉強している教材の流れや進め方についても一度考えておくようにしましょう。

結果や成果が出ているか?

教材を受講したことで結果や成果が出ているかを確認しましょう。結果や成果はそれぞれですので、学力アップ、学習習慣の定着、バランスのよい成長など、それぞれの成果を確認。すぐに成果が出る年代と後に伸びていく力を育成する年代がありますので、あまり目の前の成果にとらわれすぎるのではなく、長いスパンで考えていくようにしましょう。

総合的に見直してみる

様々な要素を考えて総合的に今学んでいる教材を今後も勉強していくのかを考える。成長すれば学習レベルも変わりますし、目標に合わせて教材の種類も変わっていきます。随時ほかの教材への変更を考えておくことも大切な事です。

いつでも他の教材に変更をする準備を!

いま勉強している教材が合っていないと感じれば、他の教材への変更をしていくようにしよう。

その為にも、子供の学習状況を把握しておくことはとても大切な事です。どの程度のレベルで学習をするのか、目標としているところはどこなのか、得意・不得意や苦手な教科など、子供の学習状況を把握しておくことで他の教材への移行もスムーズにできるようになります。

今学んでいる教材が合っている家庭でも、気になっている教材の情報は随時収集しておくことで、万が一子供が「他の教材がいい」と言い出した時にすぐに対応できるようになります。

より良い家庭での勉強の環境をつくっていくためにも、自分なりの学習スタイルで成果が出る教材を選んでいきましょう!


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ