子供向け学習教材で勉強しよう!

子供向け学習教材で勉強しよう!

当サイトで「学習教材」と定義しているのは、自宅で学習ができる通信教育・英語教材以外の教材の事です。

その教材タイプは様々で、テキスト形式の教材、タブレット・スマホを利用する教材、PCを利用するオンライン教材など、いくつかのスタイルがあります。

問題集やドリルなどでポイントを絞った勉強、必要なものだけを学ぶ、学年の枠を超えた勉強などのメリットがあります。

「学習教材」の特徴!

○必要な学びができる
問題集やドリルなどは自分が必要だと思うもので勉強をすることもできますし、オンライン教材でも個々に合わせた勉強がしやすいのが特徴です。


○自分のペースで学習
通信教育のように毎月教材が送られるわけではないので、自分のペースで学習がしやすいと思います。1年間かけて1冊の教材を終えても良いですし、テスト前に実践力を養う目的で勉強しても良いので、自分なりの学習がしやすいと思います。


○ネット塾は映像授業などの分かりやすい解説
ネット塾では映像授業や動きのある学びができます。自宅で一流講師の講義を何度でも受けることができるので、理解度を深めていくことができるでしょう。


○無学年制の教材もあります
対象の年代のすべての講義や問題を勉強することができる「無学年制」の教材もあります。理解不足の単元は下の学年の単元を学びなおしたり、自信のある教科は先取り学習をすることができます。

「学習教材」の考えておきたいこと!

○オンライン教材は毎月のコストがかかります
ネット塾やオンライン教材は毎月の受講費が掛かりますので注意しましょう。通信教育よりも結果的に高額になってしまう場合もあります。


○やる気を引き出す仕組みが少ない
学習の習慣が身についていなかったり、自発的な学習を促すような工夫が通信教育に比べ少ないと思います。通信教育では指導者とのやり取りや教材自体に様々な工夫がされていますが、学習教材ではある程度自分から学ぶ意欲が必要になります。



「学習教材」の中でも『スタディサプリ』は受講費も安く人気のある学習システムです。タブレット・PCなどを利用して学習を進めていくのですが、映像授業×ドリルの非常にシンプルな学習法なので無理なく勉強を進めていくことができると思います。

通信教育と学習教材を全体的にみて受講していく教材を探してみましょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ