『英検ネットドリル』で本格的な英検対策をしよう!

2021年度入試から現行のセンター試験に代わって「大学入学共通テスト」が実施されることが決定しています。

「大学入学共通テスト」の英語で英語の4技能を測るために活用される資格・検定試験も発表されており、中でも英検は多くの人が目指している資格だと思います。

小学校でも英語教育が本格的にスタートして、英検への需要はこれからますます上がっていくと思います。

それぞれの目標級に合わせて確かな対策をすることができる『英検ネットドリル』は、英検に特化した学びをすることができるPC/タブレットを活用して学ぶ教材システム。

利用者の合格率は90%(HPより)ととても高い数字も出ていますので、集中的に英検対策を実践したい人におすすめです。

英検ネットドリルの特長など

英検ネットドリル

英検に特化した学習システム
『英検』の勉強に特化した学習システムなので、目標級に合わせた集中的な対策をすることができます。英検対策に必要な機能やシステムで構成されていて、全国模試なども。正答率で合否判定や弱点を対策しながら学び進めていくことができる。

受講コストが安い
受講コストが低いのも魅力のひとつ。例えば5級(7,560円)4級(8,640円)で有効期限は1年間。対応している一番高いレベルの準1級でも10,800円で1年間学び放題なので、コスト面を気にせずに学ぶことができるでしょう。

旺文社の優良教材を収録
英検対策に特化した旺文社の「でる順パス単」「7日間完成予想問題ドリル」「過去6回全問題集&CD」を収録しています。単語・熟語・会話表現の習得、パターン分析や過去問対策など、本番形式のドリルまで総合的に英検対策をすることができると思います

効果的な機能で学習サポート
意味が解らない単語に合わせるだけで意味が表示される辞書機能、間違えた問題だけをピックアップして対策をする弱点チェックなどの機能があります。実力テストで的確に分析して学習進捗を把握できたり、全国模試では合否安定もしてくれます。

約180校もの教育機関が採用している
全国の学習塾、英会話スクール、学校など訳180校もの教育現場で採用されている学習システムです。実績のある学習システムだからこそだと思います。

PC/タブレット端末で学ぶことができる学習システムなので、学習効率もよくデジタルならではの対策を実践していくことができるでしょう。

英検対策に何か良い学習法を探している方におすすめしたい英検対策学習システムです。

英検ネットドリル


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ