『学研ゼミ』の特徴など

人気の学研が運営する学習システム『学研ゼミ』

2016年にグランドオープンした教材でまざまざ歴史は浅い教材ですが、学研の長い教育事業に関わってきたノウハウや経験をネット学習に詰め込んだ教育システムになっています。

気軽に始めることができるので教材提供以来多くの受講者が学んでいる教材システム。

子供の学ぶ力を育て好奇心や興味を広げていく取り組みができる『学研ゼミ』で楽しく学力を伸ばしていく取り組みを進めてみましょう。

『学研ゼミ』の特徴やメリットなど

『学研ゼミ』の教材システムや特徴・メリットなどを考えていきます。

学研ゼミ


・必要なコンテンツを選択して勉強
『学研ゼミ』は無料会員登録後に自分が勉強をしたいコンテンツを選んで勉強をすることができます。必要なものだけを選択して勉強をすることができるので、無駄を省いてシンプルな学習をすることができます。


・月々500円から勉強できる
1コンテンツの月間受講費は500円から。会費が低くなっているのでメインの学習法としてだけではなく、他の通信教育や学習塾などの学習法と組み合わせた勉強がしやすい教材です。


・ゲーミフィケーション
学習コンテンツの「ワンダードリル」はゲーム形式のドリル教材。学びのなかにゲームの要素を取り入れて楽しく学びながら学力を伸ばしていくことができる。勉強の動機づけにもなりますし、楽しく学ぶうちに自然な形で意欲的に先に進んでいくことができるでしょう。


・テキスト教材の活用
メインのコンテンツでもある「スマートドリル」では、無料テキスト教材をプリントアウトして利用することができます。選択式の問題だけではなく記述力もしっかりと高めていく取り組みができるから安心。


・効率的な勉強
ドリル型の学習コンテンツになっているのでポイントを抑えた効率的な勉強をすることができます。シンプルな学習法で学力の定着を確認することができます。


・スキマ学習や苦手対策
気軽に勉強をすることができるタイプの教材システムなので、スキマ学習で利用したり、集中的に苦手単元を強化したりする学び方にも対応しています。自分のペースで個々の活用法のなかで学んでいくことができます。


・好奇心・興味を高めていくコンテンツ
学習コンテンツだけでなく、映像・辞典・書籍などのコンテンツが充実しているのが大きな特徴。伝記アニメや実験動画、したべ学習に最適な百科事典や辞書、おすすめの書籍など子供の好奇心や興味の幅を広げて知識や教養を高めていくコンテンツが魅力です。


無理なく楽しい学び

受講費が低いだけではなく、メインコンテンツである「スマートドリル」は1回あたり10分~15分程度で勉強をすることができるので、無理なく取り組んでいくことができます。

小学生・中学生向けの学習コンテンツに加え幼児向けコンテンツ「キッズクラス」もあり、幅広い子どもが学ぶことができるシステム。

また「スマートドリル」では、無料でプリントアウトするテキスト教材だけでなく、併用できる教科書別の公式テキスト「教科書ワーク」も別売りで用意されているので、より充実した勉強をすることができるでしょう。

デジタルでシンプルに学ぶことができるのが『学研ゼミ』の特長だと思います。

学研ゼミ


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ