『スタディサプリ』の特徴-シンプルな学習システム-

スタディサプリ

今回は『スタディサプリ』の特徴について。まずはシンプルな学習サイクルが教材の大きなポイントですので、その学習の流れについて紹介してみたいと思います。

基本的に「動画授業」×「ドリル・テスト」の流れで一つの講座が完了する学習システム。誰でも学びやすい教材として認知されています。

このシンプルな学習スタイルだからこそ、大切な事や重点ポイントを外すことなく実力を伸ばしていくことができる仕組みでしょう。

スタディサプリ シンプルな学習システム

一流講師による「動画授業」でインプット学習

まずは単元ごとに「動画授業」から学びをスタートさせます。

「動画授業」に登場する講師陣は、有名予備校や大手学習塾などの経験者や現役の先生、教師経験者などそれぞれの年代に合わせた指導に精通した一流の講師陣。

指導経験が豊富なので、単元ごとに重要にしていくポイントや覚えておくべき事柄を踏まえつつ分かりやすい授業と定評があります。

「動画授業」はもちろん何度でも繰り返し見ることもできますし、早送りや巻き戻し、一時停止などで効果的に授業を受けることができます。学校の授業と同じような授業もあれば全く違う角度から考えていく授業もあるでしょう。

まずが「動画授業」でインプット学習をすることで、効率よく各教科・単元の学びを進めていきます。

「ドリル・テスト」でアウトプット学習

「動画授業」に対応した「ドリル」「テスト」でアウトプット学習をすることで、授業で覚えたことを学力として定着させていくことができます。

インプットしただけでは本当に自分の力となっているかわかりません。対応した「ドリル」「テスト」でアウトプットして理解の定着を促してこそ学力として自分の力になります。

間違えたところや分からない問題は「動画授業」に戻って復習をすることで、効率よく勉強ができるのが『スタディサプリ』の大きな特徴のなのです。

知識を吸収する「動画授業」、知識・理解の定着を促す「ドリル」「テスト」のシンプルな組み合わせ学習で誰でも無理なく勉強ができる学習システムになっています。

シンプルだから続く学び

複雑な教材構成だったり、学習動線が多岐にわたるとかえって面倒になって勉強するのがイヤになってしまうことがあります。『スタディサプリ』はシンプルだからこそ分かりやすく取り組みやすい教材システムではないでしょうか。

勉強の流れも複雑ではありませんので、理解できた単元は次に進み、理解ができていない単元はしっかりと学力として定着させていく学びができると思います。

「インプット学習」×「アウトプット学習」も効率よく進めていくことができるので、無理をしないで順を追った理解ができるシンプルな学習システムです。

スタディサプリ 小学講座+中学講座

スタディサプリ 高校講座+大学受験講座


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ