『すらら』の教科別特長

学習効率を高めるために様々な機能を学習に応用した『すらら』

「動画配信型」「問題集型」「ゲーム型」などのデジタル教材の特長を組み合わせた教材システムで、「レクチャー機能」「ドリル機能」「テスト機能」等の様々な機能を活用して学んでいきますの。

自分のレベルに合わせて無学年制で勉強をすることができ、スモールステップで体系的な学びをすることができる内容。

特に「レクチャー機能」は適時質問や問題を投げかけてくれるので、飽きずに根本的な理解を積み重ねていくことができると思います。

各教科別の特長やねらいなど

すららの教科別特長

『すらら』の各教科別の学習のねらいや特徴を確認してみたいと思います。

「国語」

・論理的な読解力を定着させる
・実践力を身につける

『すらら』では国語をすべての学習の土台と位置付けて、どんな文章でも理解をすることができる本質的な読解力を定着させていきます。

まずは一文の読解からスタートして、徐々に1~2段落程度の短文、そして長文読解ができるステップで学習。文と文のつながりを意識したリ、関係性などを掴みながら読解をするトレーニングを積み重ねていきます。

さらに読解力だけでなく実践力や空所補充問題や記述問題などにチャレンジして、実際のテストや入試でも対応できる力を育てていく内容。

「数学・算数」

・基礎概念から理解を深める
・ベーシックな解法にこだわって学習

数学・算数では根本的な理解を基本として様々な出題に対応できる力を育てていきます。

単なる解法の暗記学習をするのではなく、どうしてそうなるのかを直感的に理解して考え方から理解をすることで意味をもった暗記をすることができます。解法を上手に組み合わせて応用したリ、考えて答えを導く学びをすることができる。

何を問われているのか、どのように考えれば答えまでたどり着くのか、過程では何を組み合わせて活用していけばいいのかなど、基本的な解法を重視して、最小限の知識でより複雑な問題を解決していく応用力まで育てていきます。

「英語」

・徹底したアウトプット型学習
・自分の力で英文を組み立てる

『すらら』ではネイティブの音に慣れて自分でアウトプットすることをコンセプトにしています。

知識として知っているのではなく、能動的にアウトプットすることで知っている知識を使うことができる英語力を育てていくのが大きな目的。知っているけ活用ができない英語ではなく、自身でアウトプットして使える英語力。

さらに分の組み立てのルールをしっかり学習して体系的に学びながら自身で英文を組み立てる力を育てていきます。

『すらら』では、上記の「国語」「数学・算数」「英語」の3教科のみの受講になります。

スモールステップでひとつひとつをしっかり定着させて学力を伸ばしていく学びができる教材システムです。

すらら


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ