『すらら』のドリル機能

次世代型教育システム『すらら』は様々な学習に効果的な機能を搭載していますが、今回は「ドリル機能」について確認をしてみたいと思います。

無学年制で勉強をすることができる学習システムになっているので、本当に自分にとって必要な学力を基礎から積み上げていく学びができる『すらら』。

対話型のレクチャーシステムでキャラクターが問いかけながら学習を進めていく流れになっていて、デジタル学習のメリットを最大限に活用しながらじっくりと学力を高めていくことができるタイプの教材システムだと思います。

基礎学力を確実に定着させたい人や学校授業になかなかついていけない人にもおすすめで、つまづきに合わせた対策で的確な学習ができるからこそ成果や成績の向上を感じながら取り組んでいくことができると思います。

小学生・中学生・高校生が学ぶことができ、幅広い学びに対応しています。

ドリル機能で理解を確実に定着

すららの「ドリル機能」

60,000問以上の問題を収録した『すらら』。

個別の理解度にあわせた出題や理解を深める多彩な出題形式で学習をフォローしていきます。

「難易度コントロール」

学力に応じて出題の難易度が変化します。自分に適したレベルの問題で基礎から理解を積み上げることができるだけでなく、難しい問題ばかりでモチベーションが下がることなく意欲をもって取り組めます。徐々にレベルアップしていくことで達成感や自信を味わいながら成長していくことができます。

「つまずき診断」

解けない原因を自動で判定して、理解を深めて学力を定着させるための出題。確実に個別のつまづきを対策しながら学習を進めていくことができるので、苦手分野を克服しながらバランスよく学力を伸ばしていくことができます。

間違えた問題は解説

間違えの正答だけを表示するのではなく、その場で添削をして何をどのように間違えたかを解説。間違えを放置しないで理解を促していくための学習動線になっています。

多様な出題形式

本質的な理解を促すために多彩な出題形式でドリル学習ができます。学んだことの理解を自分の力として定着させるために色々な問題に触れて実戦的な学力を養っていきます。

学んだことを定着させるドリル機能

学校の授業やワーク学習で学んだことを定着させるにはある程度量の負荷として問題を解くことが必要です。

理解したつもりになって表面的な「わかった!」を積み上げるよりも、できていると思っている単元でも問題を解き定着度を確認しながら深い理解を促していく学習をしていきましょう。

『すらら』の「ドリル機能」は個別の理解度に応じたレベルで問題を繰り返し説くことができ、さらに多彩な出題で本質的な理解を促す機能。

しっかりと学んだことを自分の力として定着させていくための学習ができるので、ドリル機能を活用して学力を底上げしていきましょう!

すらら


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ