『すらら』のテスト機能

次世代型教育システム『すらら』は小学生・中学生・高校生が学ぶことができる無学年制の学習システム。

学習に特化した多様な機能でわかりやすい学習を理解度にあわせて取り組んでいくことができるので、学校授業の補強や苦手対策として活用していきやすいタイプの教材システムだと思います。

レクチャー機能やドリル機能、対話型学習システムなど『すらら』ならではの学習を通して学びの基礎を家庭から育ててみましょう。

様々な機能のなかで今回は「テスト機能」について確認をしてみたいと思います。

理解の定着を確認したり、学んだことを振り返り学力として定着を促したり、「テスト機能」を活用して効果的に学びを進めていきましょう。

テスト機能で理解を確認、復習の促し

すららの「テスト機能」

3つの「テスト機能」で本番力・得点力を身につける!。

『すらら』では大きく3つのテスト機能を搭載しています。
目的に応じて的確な学びをすることができるので、適時利用して理解の確認を進めていきましょう。

「学力診断テスト機能」

現在の定着度や学力を判定するテスト機能。学年・学期ごとに理解ができていない部分を補うための必要な単元を提示してくれるのでスムーズに復習を促してくれます。テスト結果を踏まえてどこを対策していけばいいのかが一目でわかる。ボタン一つで復習するべき単元にジャンプできるので確実に苦手や理解不足を対策することができます。

「定期テスト機能」

学校で使っている教科書とテスト範囲を入力することで、定期テストに特化した問題でテスト対策をすることが可能。繰り返し対象範囲を解く量の負荷を与えた学習と、苦手単元を診断してポイントを押さえた対策で効率よく定期テストの対策をすることができるでしょう。

「小テスト機能」

小さな範囲の小テスト機能。単元ごとの理解の確認をしたり、学習した範囲の定着度を手軽に確かめていくことができます。10分程度で取り組めるので、毎回勉強の終わりにその日に学んだことの確認の意味も込めて取り組んでいくと効果的な学習サイクルが作れると思います。

結果から復習を促すテスト機能

テスト結果から個別の対策をしっかりと明示してくれるので、自分が補っていくべき学力が分かります。

ポイントを押さえた復習や振り返り学習ができるからこそ、効率よく学力を伸ばしながら総合的な教科学力を伸ばしていくことができるでしょう。

もちろん自分なりに取り組んでいけばいいので、例えばテスト期間に演習問題として繰り返し集中的に取り組んで実践力・得点力を高めたり、学校で勉強した部分のテストを実施して理解不足の箇所だけ復習をする動線で学んだり、自分が学びやすい形でテスト機能を活用してみましょう。

「テスト機能」だけでなく「レクチャー機能」や他機能も充実しているので、確実に理解を定着させる学びができる教材システムだと思います。

すらら


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ