2019年中学生通信教育人気ランキング

2019年中学生通信教育人気ランキング

2019年の1月~12月の中学生向け通信教育の総合人気ランキングを紹介。当サイトと姉妹サイトでの総合集計を行いランキングを算出しています。

安定して効率よく学ぶことができる教材や実績が高い教材などが人気が高く、大手の通信教育を中心にタブレットとテキストを併用するスタイルで学ぶことができ、相乗的で効果的な学びをすることができるようになっています。

特に中学生では授業理解を軸に考えながら効率のいいテスト対策や段階的なレベルに応じた入試対策など、総合的な力の育成が求められます。

普段の学習から質を重視した取り組みを進めて、効率よく全体の学力を底上げしていきましょう。

2019年人気通信教育ランキング<中学生版>


通信教育人気ランキング


Z会中学生コース

NO.1 Z会中学生コース

タブレット×テキストで学ぶことができる「iPadスタイル」が特に人気。

精査された質の高い問題、考えて書く学習を軸にした確かな学力育成。効率よく授業理解を軸にしながら、日々の学習からテストや入試につながる学びを進めていくことができる。シンプルな学びのサイクルだからこそ本質的な学力を育てます。

Z会中学生コースの詳細

進研ゼミ中学講座

NO.2 進研ゼミ中学講座

一人ひとり個別の学びをすることができる非常に人気が高い通信教育。

オーダーメイド型でモチベーションを維持しながら継続した学びができるように考えられたシステム。総合的に日々の学習から本格的な高校入試対策までをカバーしており実績も充分。幅広い中学生が学びやすいタイプのオールラウンド型の通信教育です。

進研ゼミ中学講座の詳細

スマイルゼミ中学生コース

NO.3 スマイルゼミ中学生コース

専用端末だけで学ぶスタイルの通信教育。

デジタルメリットを最大限に活かした学習法で、多様なアプローチで理解を深めていくことができます。オーダーメイド型で理解度に応じた学びを進めていくことができ、入試対策においても志望校と自分の実力のギャップを埋めながら取り組んでいけます。

スマイルゼミの詳細


中学生は大きく分けて「授業対策」「テスト対策」「弱点対策」「高校入試対策」の4つの大きなカテゴリの学習があります。

上記3教材については総合的に取り組んでいくことができますが、教材ごとにそれぞれへのアプローチや学習法が異なりますのでしっかりと比較チェックをしておきましょう。

また、学習の効率化という側面から教材を比較してみるのもいいと思います。部活動や学校の宿題など忙しいなかでもちゃんと学び進めていくことができるか、効率よく必要な取り組みを実践していくことができるかなどを考えてみよう。

さらに、個別の弱点対策や苦手対策についても重要なポイント。ひとつのつまづきがその後の単元理解へも繋がりますし、弱点をそのままにしておくと苦手意識が出て学力バランスが崩れてしまいます。自分の弱点を把握してしっかりと対策をすることが大切です。

上記はそれぞれ実績もありますし、質の高い学びをすることができると思いますので、2020年も中心的な通信教育となることでしょう。


通信教育

通信教育 学習教材 英語教材
NO.1 Z会 NO.1 スタディサプリ NO.1 英検Jr.オンライン版
NO.2 スマイルゼミ NO.2 e点ネット塾 NO.2 スピードラーニング
・ジュニア
NO.3 ポピー NO.3 はっぴぃタイム NO.3 Worldwide Kids

このページの先頭へ